司法書士書士法人渡辺総合事務所・渡辺行政書士事務所では、大阪を中心に不動産登記、遺言、商業登記、借金問題、成年後見のご相談を承っております

主な業務地域:大阪・京都・神戸・奈良を中心に、全国の不動産登記・法人対象
<大阪オフィス>〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目8番5号
                   西天満大治ビル6階
<京都オフィス>〒603-8336 京都市北区大将軍一条町39番地

大阪オフィス:06-6363-8180
アクセス:大阪市役所より200M
京都オフィス:075-463-9446

アクセス:府立体育館150M

初回のご相談は無料です!

大阪など関西地域の方はコチラ

0120-958-896

受付時間:9:00〜18:00 (土日祝は除く)

持分の決め方

  夫婦でマイホームを購入します。持分は2分の1ずつでいい?

  持分は、「それぞれが負担する金額の割合」で決まります。


不動産を取得した時、複数の所有者を登記することができます。
これを「共有名義」と言います。
共有名義にする場合、各所有者ごとの「持分」(割合)を決めて登記する必要があります。
持分は、夫婦だから単純に2分の1ずつ、というわけにはいきません。
住宅の購入価格と諸費用 (引越代や家具購入費など間接的にかかる費用は除きます)を含めた総額に対して、
それぞれいくらずつ負担したのかによって決まります。

例をあげてみましょう。

マイホームの総額4200万円(購入価格4000万円+諸費用200万円)


夫 自己資金 300万円 住宅ローン2500万円
妻 自己資金 200万円 親からの援助900万円 住宅ローン300万円

この場合、夫の負担する額は2,800万円、妻の負担する額は1,400万円となります。

不動産購入にあたっては、夫のお金と妻のお金を明確に区別しなければなりません。
妻が妻の親から援助を受けた場合は、妻のお金として計上します。

上記の例での持分は 「夫4,200分の2,800 、妻 4,200分の1,400」、すなわち、「夫3分の2、妻3分の1」となります。
共有者全員の持分を足すと、「1」になります。

なお、実際に負担した割合で決まる、 といっても、あまり細かいところまでこだわる必要はありません。
たとえば、総額4,200万円のうち夫が2,812万3,456円負担し、残りの1,387万6,544円を妻が負担したからといって、
共有持分を 「夫42,000,000分の28,123,456、妻42,000,000分の13876,544」とする必要はありません。
差額が、贈与税の基礎控除額 (110万円)以内であれば問題ありませんので、
この場合も、「夫3分の2、妻3分の1」として構いません(夫から妻へ12万3,456円贈与したことになります)。

ここで、大切なことがあります。

それは、「単有名義にするか共有名義にするかは、売買契約前に決めておく」ということです。

売買契約時に夫婦の持分をいくらずつにするか、ということまでは決まっていなくても構いませんが、
単有名義にするか共有名義にするかはあらかじめ決めておく必要があります。
共有名義にする場合、売買契約書へ連名で署名・押印しますし、
売買契約締結前にされる重要事項説明も共有名義となる人全員が聞き、
重要事項説明書へも連名で署名・押印します。

万が一、単独名義で売買契約書を交わした後、決済日(実際にお金が動き、所有権が買主に移転する日)前に共有名義へ変更する事情が生じれば、不動産会社へ連絡して、それぞれの書類へ署名押印を付け加えるか、もしくは書類自体を差し替えるなど何らかの手続が必要となります。

余計な手間を省くためにも、誰の名義にするかは早めに検討しておきましょう。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お手続きについて、費用について、わからないことやご相談がございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

初回のご相談は無料です!

  • 不動産登記の名義って、変更しないといけない?
  • 家族に内緒で、借金相談を大阪オフィスでしたい
  • 手続き費用はどのくらい?​
  • 認知症の母の財産、どうやって管理すればいい?
  • 大阪市内の会社の総財務担当者ですが、問い合わせしてもよろしいでしょうか?
  • 電話ではうまく説明できないので、書類を持って今から行きたい
  • 不動産登記の印紙代って、50万円?

 

司法書士2名と事務員数名で親切、丁寧な対応を
心がけております。ぜひ相談ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・三重など以外の地域の方は、06-6363-8180 へおかけ下さい)

電話受付時間:9:00〜18:00 (土日祝は除く。大阪オフィス)
※フォームからのお問合せは平日も土日祝も24時間受け付けています。

※司法書士の仕事としてご依頼いただく場合、契約後からは費用が発生しますが、
ご相談のみでは司法書士報酬を頂戴していませんので安心してご相談ください。

無料相談実施中

不動産登記や法人登記など、ご相談やお問合せがございましたらお気軽にお電話ください。

30分以内の初回のご相談は無料で承ります。

大阪など関西地域の方はコチラ

0120-958-896

info@watanabe-corp.jp

大阪:06-6363-8180
京都:075-463-9446

無料相談の詳細はこちら

事務所概要

司法書士法人渡辺総合事務所渡辺行政書士事務所

代表者:渡邉 善忠

大阪オフィス

TEL:06-6363-8180
FAX:06-6363-8190

〒530-0047
大阪市北区西天満2丁目8-5西天満大治ビル6階
アクセス:
大阪市役所から、北へ200M

京都オフィス

TEL:075-463-9446
FAX:075-463-9446

〒603-8336 京都市北区
大将軍一条町39番地
アクセス:
府立体育館(島津アリーナ京都)北へ150M

事務所概要・アクセス

代表者・スタッフ紹介

主な業務地域

大阪市、大阪府下、京都、
兵庫、奈良、滋賀、和歌山。
その他、日本全国、遠方でも対応可能案件ございます。

スタッフブログ